おちょやん あらすじ 94話

スポンサードリンク
おちょやん あらすじ 94話

杉咲花がコメディエンヌの人生を生き抜く!

杉咲花さん 主演 朝ドラ 「おちょやん」

今週は、第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」に入ります。

先週は、福助が戦死し日本が敗戦しました。

そして、旅一座としての船出を決めた鶴亀家庭劇。

さて、今週は新たな幕開けとなります。

4月15日(木)放送の94話あらすじの紹介です。

おちょやん あらすじ 94話は、下記の内容となります。

万歳と千兵衛は初日以来、稽古場に顔を出さない。

一方、千之助(星田英利)も稽古で台詞が出なかった日を境に、姿を見せない波乱の船出。

そんな中、新しい劇団員の灯子から、終戦後の道頓堀で公演したマットン婆さんの話を聞く千代(杉咲花)と一平(成田凌)。

鶴亀新喜劇は自分の居場所だという灯子の言葉に力が湧く。

その夜、寬治が帰還した。

千代にガラス玉を差し出し、ヨシヲ(倉悠貴)との満州の酒場での出来事を話し始めるが・・・

以上が、おちょやん あらすじ 94話の紹介でした。

朝ドラ 「おちょやん」レギュラー放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 07:30〜07:45 です。

女優の道へ飛び込んだ女性の、笑って、泣けて、人情あふれる物語をどうぞ、ご期待ください。
スポンサードリンク

この記事へのコメント