エール あらすじ 100話

スポンサードリンク
エール あらすじ 100話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」2か月半の間、再放送を見続けて下さってありがとうございます。

やっと、朝ドラ「エール」放送再開しました。

今週は第20週目「栄冠は君に輝く」の放送となります。

今週は・・・

裕一が、「栄冠は君に輝く」を作曲します。

そして、変わり果てた久志と再会します。

久志に何があったのか・・・

10月30日(金) は、第100話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 100話は、下記の内容となります。

久志(山崎育三郎)が歌った「夜更けの街」に裕一(窪田正孝)は心揺さぶられて、完成した「栄冠は君に輝く」はやはり久志に歌ってほしいと強く願う。

大会本部の大倉(片桐仁)は、愛国歌謡の印象が強い久志の起用に難色を示すが、裕一は「他のどの歌手よりも彼が向いている」と頭を下げて必死にお願いする。

断るつもりで古山家を訪れた久志だったが、音(二階堂ふみ)からその話を聞いて心を動かされる。

以上が、エール あらすじ 100話の紹介でした。

後半の物語に、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント