エール あらすじ 96話

スポンサードリンク
エール あらすじ 96話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」2か月半の間、再放送を見続けて下さってありがとうございます。

やっと、朝ドラ「エール」放送再開しました。

今週は第20週目「栄冠は君に輝く」の放送となります。

今週は・・・

裕一が、「栄冠は君に輝く」を作曲します。

そして、変わり果てた久志と再会します。

久志に何があったのか・・・

10月26日(月) は、第96話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 96話は、下記の内容となります。

「長崎の鐘」を書き上げた裕一(窪田正孝)の元には、仕事が殺到。

楽譜をおいた机を3つ並べて行き来して作曲するなど、意欲的に作曲に取り組む日々を送っていた。

一方、同期の松川(木原勝利)に声をかけてもらった智彦(奥野瑛太)は、ラーメン屋の仕事を辞めて、貿易会社に就職するのだが・・・。

音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)から、ラ・ボエームのオーディションを受けてみないかと勧められる。

以上が、エール あらすじ 96話の紹介でした。

後半の物語に、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント