エール あらすじ 94話

スポンサードリンク
エール あらすじ 94話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」2か月半の間、再放送を見続けて下さってありがとうございます。

やっと、朝ドラ「エール」放送再開しました。

今週は第19週目「鐘よ響け」の放送となります。

今週は・・・

裕一は、ラジオドラマの音楽を依頼されます。

裕一が長崎を訪れて、見つけたこと・・・

それぞれが歩き出した道。

10月22日(木) は、第94話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 94話は、下記の内容となります。

ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を無事書き上げた裕一(窪田正孝)に、池田(北村有起哉)は映画「長崎の鐘」の主題歌を作らないかと声をかける。

原爆の現実を克明に描いたこの作品と向き合うことで以前のような恐怖がぶり返さないか、音(二階堂ふみ)は裕一の事を心配するが、裕一は前に一歩進むために自ら進んでこの依頼を受ける。

裕一は原作者の永田医師(吉岡秀隆)に会うために、長崎に向かう。

以上が、エール あらすじ 94話の紹介でした。

後半の物語に、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント