エール あらすじ 93話

スポンサードリンク
エール あらすじ 93話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」2か月半の間、再放送を見続けて下さってありがとうございます。

やっと、朝ドラ「エール」放送再開しました。

今週は第19週目「鐘よ響け」の放送となります。

今週は・・・

裕一は、ラジオドラマの音楽を依頼されます。

裕一が長崎を訪れて、見つけたこと・・・

それぞれが歩き出した道。

10月21日(水) は、第93話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 93話は、下記の内容となります。

劇作家の池田(北村有起哉)が裕一(窪田正孝)に、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を依頼しにやって来る。

裕一は、戦争中に自分がした事に責任があるといって断ろうとするが、戦争の悲劇から復活を真っ向から描くこのドラマの音楽は、裕一にしか書けないと池田は説得する。

苦しんでいる子供たちを励まして欲しいと言って池田が置いて帰った主題歌の歌詞を見て、その力強さに裕一は心動かされる・・・。

以上が、エール あらすじ 93話の紹介でした。

後半の物語に、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント