エール あらすじ 66話

スポンサードリンク
エール あらすじ 66話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」2か月半の間、再放送を見続けて下さってありがとうございます。

いよいよ、朝ドラ「エール」放送再開です。

今週は第14週目「弟子がやって来た!」の放送となります。

弟子(岡部大)が来た古山家の騒動をお楽しみください!!

9月14日(月) は、第66話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 66話は、下記の内容となります。

ある日、古山家に田ノ上五郎(岡部大)という茨城なまりの青年が裕一(窪田正孝)を訪ねてやって来る。

水戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」など裕一がつくった曲に励まされた五郎は、裕一の弟子にしてもらいたいとお願いに来たのだ。

一度は音(二階堂ふみ)と話し合って断る裕一だったが、五郎はあきらめずに来る日も来る日も古山家を訪れる。

一方、音の妹、梅(森七菜)も突然上京してきて・・・

以上が、エール あらすじ 66話の紹介でした。

後半の物語に、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント