エール 再放送 あらすじ 8話

スポンサードリンク
エール 再放送 あらすじ 8話

連続テレビ小説「エール」は、6月27日(土)の放送をもって、一時休止し、休止中は第1回から再放送いたします。

放送休止期間中の7月7日(火)は、第8話の再放送となります。

また、再放送では出演者による副音声をお楽しみいただけます。

今週の第2週目は、関内吟を演じる松井玲奈さんが担当するスペシャルバージョンでお届け!!

エール 再放送 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

父・安隆(光石研)と琴を演奏するために教会に向かった音(清水香帆)は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)の歌を聞いて、その姿に釘付けになる。

環と話した音は、すっかり夢見心地。

自分も歌を習いたいと言い始める。

それからは吟(本間叶愛)や梅(新津ちせ)が不思議に思うほど、学芸会の練習に一生懸命取り組む音だったが、ある日関内家に思いもよらない出来事が勃発する。

以上が、エール 再放送 あらすじ 8話の紹介でした。

エール 再放送 副音声の聴き方は、リモコンの音声切り替えボタンを押すだけ。

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント