エール あらすじ 49話

スポンサードリンク
エール あらすじ 49話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」今週は第10週目「響きあう夢」の放送となります。

物語は、昭和を代表する作曲家とその妻の一代記!!

(クリックすると商品紹介のページに行けます。)



6月4日(木)は、第49話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 49話は、下記の内容となります。

音(二階堂ふみ)の妊娠がわかる。

裕一(窪田正孝)は大喜び。

音は、子育てしながらの通学は難しいのでいずれ退学しなければならないが、いつか歌手になる道につなげるためにも記念公演の椿姫だけはやり遂げるつもりだった。

稽古の終わりに、みんなにその旨を伝えるが、皆は困惑している様子。

自分に気を遣ってもらう必要はないと言う音に、千鶴子(小南満佑子)は周りのことも少しは考えるよう話す。

以上が、エール あらすじ 49話の紹介でした。

人生を音楽とともに歩んだ夫婦の物語を半年間、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント