エール あらすじ 48話

スポンサードリンク
エール あらすじ 48話

窪田正孝さん&二階堂ふみさん 主演 朝ドラ 「 エール」今週は第10週目「響きあう夢」の放送となります。

物語は、昭和を代表する作曲家とその妻の一代記!!

(クリックすると商品紹介のページに行けます。)



6月3日(水)は、第48話目の放送となります。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

エール あらすじ 48話は、下記の内容となります。

高梨(ノゾエ征爾)の詞に作曲した「船頭可愛いや」はレコードになって売り出されるがまったく売れず、裕一(窪田正孝)は契約解除の危機を迎える。

音(二階堂ふみ)にお願いされて曲を聞いた環(柴咲コウ)は、とてもいい曲なので世間の人達に広く知ってもらうために、自分に歌わせてもらえないかと提案する。

レコード化に向けて、コロンブスレコードでは廿日市(古田新太)は大賛成だったが、小山田(志村けん)は・・・

以上が、エール あらすじ 48話の紹介でした。

人生を音楽とともに歩んだ夫婦の物語を半年間、どうぞご期待ください!

「エール」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント