スカーレット 最終回 登場人物 草間宗一郎

スポンサードリンク
スカーレット 最終回 登場人物 草間宗一郎

2019年度後期 NHK 朝ドラ スカーレット

いよいよ最終回までカウントダウンが始まりました。

まだまだ、一波乱も二波乱もありそうですね・・・

このあたりで、最終回に向け登場人物を振り返ってみませんか・・・

最終回にかかわる登場人物を調べてみました。

今回は、その他の人々を紹介させていただきます。

最終回に向けチェックしてドラマをよりお楽しみください。

佐藤隆太さんが、演じる 草間宗一郎は、下記のような人物です。

満州からの引揚者。

空襲で行方不明となっている妻・里子を探している。

東京出身で、大阪の大学を卒業後に満鉄にいた叔父を頼って満州で就職した過去を持つ。

大阪の闇市で暴漢に遭っていたところを常治に助けられる。

また、その際に医師から「心の栄養が足りない」と診断されたことから、療養のために常治の自宅に招かれ、喜美子と知り合う。

以来、喜美子の幼少期に多大な影響を与える。

また柔道を心得ており、信楽の少年少女に「草間流柔道」を教える。

昭和30年12月、香港の美術商の通訳として同伴したジョージ富士川のサイン会場にて喜美子と再会。

喜美子に後押しされ、行方を突き止めた里子と再会し、気持ちの決着をつけるとともに離婚届を渡す。

昭和34年、直子を連れて信楽に再来した際に、貿易の仕事で台湾に渡る旨を語る。

台湾を昭和44年の暮れに引き払って神戸で貿易の仕事をしている。

昭和45年にマツから手紙をもらって川原家を訪れ、慶乃川が昔くれたタヌキの小さな置き物を、喜美子に7度目の窯焚きのお守りとして渡す。

以上が、スカーレット 最終回 登場人物 草間宗一郎の紹介でした。

「スカーレット」の放送は、NHK総合にて毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。

最終回まで、まだまだ楽しみましょう・・・

佐藤隆太さん ファンの方は、お見逃しなく!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント