スカーレット あらすじ 83話

スポンサードリンク
スカーレット あらすじ 83話

戸田恵梨香さん 主演 朝ドラ 「 スカーレット 」早くも第14週目「新しい風が吹いて」に入ります。

ドラマは、脚本家・水橋文美江さんのオリジナル作品です。

1月10日(金)放送される、第83話のあらすじの紹介です。

スカーレット あらすじ 83話は、下記の内容となります。

喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)が記した夫婦ノートが盗まれ、弟子入りを望む三津(黒島結菜)が取り戻す。

喜美子は新しいものに意欲的な三津の存在は今、創作の壁にぶつかっている八郎の刺激になるのではと考える。

そこで三津を弟子にすることを八郎に提言。

受け入れられる。

早速、作陶する八郎の側で三津は使っている土について提案をする。

一方、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が神社でおみくじを引いた所・・・

以上が、スカーレット あらすじ 83話の紹介でした。

滋賀・信楽を舞台にヒロイン・喜美子の波瀾万丈な物語を半年間、どうぞご期待ください!

「 スカーレット 」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。

戸田恵梨香さん ファンの方は、お見逃しなく!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント