なつぞら あらすじ 153話

スポンサードリンク
なつぞら あらすじ 153話

広瀬すずさん 主演 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 「なつぞら」

最終週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」に入ります。

物語も、いよいよクライマックス!

なつは千遥たちと北海道を訪れます。

翌日、季節外れの台風が十勝を直撃。

柴田家は・・・

9月25日(水)は、153話目の放送となります。

あらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

なつぞら あらすじ 153話をお届けいたします。

大好評のうちに「大草原の少女ソラ」の放送が終わった。

マコプロでは放送後、なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)、麻子(貫地谷しほり)や神地(染谷将太)達とスポンサーのミルコスの社長が参加し、番組の成功を祝し打ち上げパーティーを開催する。

再び、マコプロに次回作をお願いされたと明かす麻子だが、マコプロメンバーの胸の中には、この作品の製作過程を思い出し、様々な想いが巡っていて・・・。

以上が、なつぞら あらすじ 153話の紹介でした。

連続テレビ小説 「なつぞら」の放送はNHK総合にて毎週月曜~土曜08:00~08:15です。

★朝の忙しい時間帯に見逃してしまった方は、放送スケジュールをチェック!!★

どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

この記事へのコメント