なつぞら あらすじ 133話

スポンサードリンク
なつぞら あらすじ 133話

広瀬すずさん 主演 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 「なつぞら」

第23週目「なつよ、天陽くんにさよなら」に入ります。

物語は、天陽くんにさよならって・・・天陽くん、どうかしちゃったの・・・

9月2日(月)は、133話目の放送となります。

あらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

なつぞら あらすじ 133話をお届けいたします。

なつ(広瀬すず)の手がけたテレビ漫画「魔界の番長」が放送される。

しかし、娘の優は怖がって見ようとしない。

坂場(中川大志)に、子供は多感だからと言われるも、子供が怖がるアニメを作ることに思い悩むなつ。

そんなある日、神地(染谷将太)はなつを呼び出し、麻子(貫地谷しほり)からマコプロに誘われていると告げ、神地の抱く夢を語るのだった。

一方、十勝では体調を崩した天陽(吉沢亮)が・・・。

以上が、なつぞら あらすじ 133話の紹介でした。

連続テレビ小説 「なつぞら」の放送はNHK総合にて毎週月曜~土曜08:00~08:15です。

★朝の忙しい時間帯に見逃してしまった方は、放送スケジュールをチェック!!★

どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

この記事へのコメント