なつぞら あらすじ 118話

スポンサードリンク
なつぞら あらすじ 118話

広瀬すずさん 主演 朝ドラ 「 なつぞら」早くも第20週目「なつよ、笑って母になれ」に入ります。

今週は、なつが東洋動画で働き、坂場が翻訳の仕事をしながら家事を行う新婚生活が始まります。

8月15日(木)放送される、第118話のあらすじの紹介です。

風車でなつ(広瀬すず)の誕生日と、咲太郎(岡田将生)と光子(比嘉愛未)の結婚を祝う会が行われた。

茂木社長(リリー・フランキー)やカスミ(戸田恵子)たち常連客が大勢集まった。

そこで亜矢美(山口智子)は新しい店のことを話す。

咲太郎は新しい店のことは自分と光子に任せて欲しいと申し出る。

それを聞いた亜矢美はある想(おも)いを口にする。

その数日後、風車を訪れたなつと咲太郎は・・・。

以上が、なつぞら あらすじ 118話の紹介でした。

ヒロイン・なつがアニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく姿を半年間、どうぞご期待ください!

「 なつぞら」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。

広瀬すずさんファンの方は、お見逃しなく!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント