なつぞら ネタバレ 第18週

スポンサードリンク
なつぞら ネタバレ 第18週

2019年4月1日(月)放送がスタートした NHK 連続テレビ小説 朝ドラ「なつぞら」

物語は、いよいよ坂場がなつに僕と一緒になってほしいとプロポーズします。

このあたりで、ネタバレで物語を振り返って見ましょう。

第18週 7月29日(月)~8月3日(土) までの「なつよ、どうするプロポーズ」のネタバレをお届けいたします。

なつぞら ネタバレ 第18週は、下記の内容となります。

なつ(広瀬すず)が原画を担当したテレビ漫画「百獣の王子サム」は大成功となった。

東洋動画では新作の漫画映画を作ることになり、仲(井浦新)は下山(川島明)を監督に指名するが、下山は断り、坂場(中川大志)を推薦する。

坂場は社内では人気がいまひとつだったが、なつや神地(染谷将太)たちアニメーターの応援で、ついに坂場監督が実現する。

坂場は西欧を舞台にした話を元にした企画を通し、なつと神地が原画を担当、映画チームは活気を取り戻す。

そして坂場は、もし映画が成功すれば、僕と一緒になってほしいとなつに告白する。

そんな中、下山と茜(渡辺麻友)の恋仲が発表され、現場はさらに勢いづく。

以上が、なつぞら ネタバレ 第18週の紹介でした。

NHK 連続テレビ小説 朝ドラ「なつぞら」の放送は、NHK総合にて毎週月曜~土曜 08:00~08:15です。

どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

この記事へのコメント