なつぞら あらすじ 16話

スポンサードリンク
なつぞら あらすじ 16話

広瀬すずさん 主演 朝ドラ 「 なつぞら」早くも第3週目「なつよ、これが青春だ」に入ります。

ドラマは、オリジナル脚本を大森寿美男が担当します。

4月18日(木)放送される、第16話のあらすじの紹介です。

なつぞら あらすじ 16話は、下記の内容となります。

家族の仲違いに悩むなつは、そのことを同級生の雪次郎(山田裕貴)に打ち明ける。

雪次郎は、自身が所属する演劇部の顧問・倉田(柄本佑)に相談してみてはと助言する。

以上が、なつぞら あらすじ 16話の紹介でした。

ヒロイン・なつがアニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく姿を半年間、どうぞご期待ください!

「 なつぞら」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント