半分、青い。 あらすじ 80話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 80話

永野芽郁さん 主演 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 「半分、青い。」

(画像をクリックすると商品紹介のページに行きます。)



物語は、ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで高度成長期の終わりから現代までを駆け抜ける。

早くも第14週目「羽ばたきたい!」に入ります。

7月3日(火)は、80話目の放送となります。

さて、物語はどんな展開となるのか・・・

半分、青い。 あらすじ 80話をお届けいたします。

原稿を仕上げられなかった鈴愛(永野芽郁)を救ったのは秋風(豊川悦司)だった。

鈴愛が描けなかったときを想定し準備されていた原稿は、鈴愛の原作に秋風がアレンジを加えた、ふたりの合作だった。

日が変わり、締め切りから解放された鈴愛は、岐阜の実家に電話をかける。

受話器をとった仙吉(中村雅俊)に鈴愛は、漫画を辞めるかもしれないと打ち明ける。

鈴愛の苦しみを感じた仙吉は、これまで語らなかった自らの過去を話し出す。

以上が、半分、青い。 あらすじ 80話の紹介でした。

連続テレビ小説 「半分、青い。」の放送はNHK総合にて毎週月曜~土曜08:00~08:15です。

★朝の忙しい時間帯に見逃してしまった方は、放送スケジュールをチェック!!★

どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

この記事へのコメント