半分、青い。 あらすじ 66話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 66話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」早くも第11週目「デビューしたい!」に入ります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

6月16日(土)放送される、第66話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 66話は、下記の内容となります。

鈴愛(永野芽郁)のストーリーを持ち出し、自らの作品として「神様のメモ」を世に出してしまったボクテ(志尊淳)。

秋風(豊川悦司)はボクテの裏切りに落胆し、破門を決める。

そんな中、ボクテ自身の作品が、大手漫画雑誌の新人賞を受賞したと連絡が入る。

だが秋風は受賞を辞退すると言い出し、鈴愛も裕子(清野菜名)もボクテを許してほしいと必死に懇願する。

すると秋風は、ボクテだけでなく、鈴愛もクビにすると言い出す。

以上が、半分、青い。 あらすじ 66話の紹介でした。

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!
スポンサードリンク

この記事へのコメント