半分、青い。 あらすじ 11話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 11話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」早くも第2週目「聞きたい!」に入ります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

4月13日(金)放送される、第11話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 11話は、下記の内容となります。

一生、左耳の聴力が回復することはないと告げられた鈴愛(矢崎由紗)だったが、何事もなかったように明るく過ごす。

気丈にふるまう娘の姿に、晴(松雪泰子)は母親としての責任を感じ、夜な夜な涙する。

宇太郎(滝藤賢一)と仙吉(中村雅俊)は、そんな母娘を支えようとするのだった。

ある日、小学校の授業で鈴愛に災難が降りかかるが、ピンチを救ったのはやはり律(高村佳偉人)だった。

そんな律の前で、鈴愛は初めて涙を流す。

以上が、半分、青い。 あらすじ 11話の紹介でした。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント