半分、青い。 あらすじ 10話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 10話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」早くも第2週目「聞きたい!」に入ります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

4月12日(木)放送される、第10話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 10話は、下記の内容となります。

耳鳴りをうったえ、精密検査を受けた鈴愛(矢崎由紗)。

検査の結果が出るまで2週間を要するという。

鈴愛自身も家族も、処方された薬を飲めば治ると信じていた。

2週間後、結果を聞くために再び大学病院を訪ねた晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)。

医師から告げられたのは、鈴愛の左耳は既に完全に失聴しており、もう二度と治ることはない、というものだった。

何も知らない鈴愛に、晴と宇太郎が検査の結果を伝える・・・。

以上が、半分、青い。 あらすじ 10話の紹介でした。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント