半分、青い。 あらすじ 6話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 6話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」今週は第1週目「生まれたい!」の放送となります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

4月7日(土)放送される、第6話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

糸電話の実験に成功した鈴愛(矢崎由紗)たちだったが、誤って律(高村佳偉人)が川に落ちてしまう。

ぜんそくを患う律を案じて、鈴愛は律を背負って家に届けるが、律の母・和子(原田知世)は、なぜか律を叱り始める。

そのころ、自転車で転倒した仙吉(中村雅俊)に付き添って晴(松雪泰子)が岡田医院を訪れる。

大事には至らなかったが、院長の貴美香(余貴美子)も仙吉を案じる。

夜、晴は鈴愛に糸電話をめぐるある秘密を話す。

以上が、半分、青い。 あらすじ 6話の紹介でした。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント