半分、青い。 あらすじ 5話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 5話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」今週は第1週目「生まれたい!」の放送となります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

4月6日(金)放送される、第5話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

妻を亡くしてからふさぎがちな祖父・仙吉(中村雅俊)のため、律(高村佳偉人)と「川をまたぐ糸電話」大作戦に取り掛かる鈴愛(矢崎由紗)だったが、川の広大さを目の当たりにし、呆然と立ち尽くす。

一方、鈴愛の両親・晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)も仙吉を鼓舞しようとするがうまくいかない。

そんな中、鈴愛たちは同級生の手を借りて糸電話を川の対岸に渡すことに成功。

対岸の律に向かって、鈴愛が全身全霊で声を届ける。

以上が、半分、青い。 あらすじ 5話の紹介でした。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント