半分、青い。 あらすじ 4話

スポンサードリンク
半分、青い。 あらすじ 4話

永野芽郁さん 主演 朝ドラ 「 半分、青い。」今週は第1週目「生まれたい!」の放送となります。

ドラマは、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品です。

4月5日(木)放送される、第4話のあらすじの紹介です。

半分、青い。 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

1980年。

小学校3年生になった鈴愛(矢崎由紗)は天真らん漫そのもの。

勉強は苦手で授業中もノートに落書きをしてばかり。

一方、同じ日に生まれた律(高村佳偉人)は頭脳明晰(せき)で冷静沈着。

良き幼なじみとして二人は成長した。

ある日鈴愛は最近元気がない祖父・仙吉(中村雅俊)と亡くなった祖母・廉子(風吹ジュン)を糸電話で話させてあげたいと言いだす。

実現させるために律は長距離糸電話を考案。

壮大な実験が始まる

以上が、半分、青い。 あらすじ 4話の紹介でした。

ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!

「 半分、青い。」の放送は、NHK総合にて 毎週月曜~土曜 08:00~08:15 です。
スポンサードリンク

この記事へのコメント